遺産分割協議で財産を相続しないことにしても相続放棄をしたことにはなりません

 

 

タイトルそのままですが、遺産分割協議で財産を相続しないことにしても相続放棄をしたことにはなりません。

 

例えば、父が亡くなり法定相続人が母と子2人の場合とします。

 

父が遺した財産は母と2人で住んでいた自宅と、少額の預金のみであったため、遺産分割協議により父の財産は全て母が相続することにしました。なお、父には300万円の借金もありました。

 

子2人としては、遺産分割協議によって財産を相続していないのだから借金も相続していないと思われるかもしれませんが、遺産分割協議にはプラスの財産の分け方を決めるという意味しかなく、債権者は遺産分割協議の内容に関わらず、法定相続人全員にその相続分に応じた債権の取り立てを行うことができます。

 

相続放棄とは家庭裁判所で手続きするもののみを言います。

 

自身が財産を全く相続しない内容の遺産分割協議書に署名捺印したからといって相続放棄したことにはならないので注意が必要です。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です