領事館での戸籍収集

韓国籍の方の戸籍謄本は東京、大阪、福岡の韓国領事館で即日発行してもらえます。郵送での請求も可能です。私は戸籍謄本を取得する際には大阪の韓国領事館へ行き取得します。

 

相続登記をする際には被相続人の出生から死亡までの全期間の戸籍謄本が必要ですが、戸籍請求の際にそのように請求書に記載しても一回の請求で全ての戸籍が出てくることは稀です。日本の役所ならその役所にある戸籍は全て一回で出してくれるのですが、領事館はなかなかそうは行きません。

 

したがって、一回目の請求で出してもらった戸籍をその場でチェックし、不足があれば不足分を出してもらうように窓口の人にお願いすることになります。

 

しかし、戸籍のチェックにはたいてい時間がかかるため、チェックをしている間に次の人の番になり窓口の人となかなか話せないということがよくあります。そういった時は隙を見て窓口の人に話をするか、再度番号札を取って並ぶことになります。

 

領事館に行かれたことがある方はお分かりになると思いますが、領事館は常に混んでいます。窓口の数も少なく1時間待たされることも珍しくありません。

 

戸籍が一回の請求で全て出てくればいいのですが、二回、三回となると半日領事館にいるということもあります。

 

一回目の戸籍が出されて10秒くらいで不足がないかどうか分かる超高速の戸籍解読能力が身に付けばよいのにと思う今日この頃です。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です