相続登記に必要な戸籍謄本

相続登記を司法書士に依頼されることなく、ご自身でされる場合に意外と大変なのが被相続人の戸籍謄本集めです。

 

相続登記をするためには被相続人の出生から死亡の時までの全ての期間の戸籍謄本が必要です。

全ての期間の戸籍謄本とは何?戸籍謄本はひとつではないのか?

と、思われる方も多くおられると思います。

 

戸籍は改製により何度か作りかえられていますし、結婚や養子縁組といった身分変動によっても戸籍は新しくなる(戸籍の編成や移動がされる)ため、被相続人の全ての期間の戸籍謄本となると一般的には4通以上になることが多いです。

 

では、ここで戸籍の改製とは何か?について説明していきます。

 

戸籍は大まかに3種類に分けることができます。厳密に言うと、戸籍の種類(形式)はもっとあるのですが、分かりやすくするために3種類とします。

 

まず1つ目は、コンピュータ入力された戸籍です。平成6年に戸籍の電算化(コンピュータ化)が始まり現在では多くの自治体で戸籍は手書きのものからコンピュータ入力されたものに書き換えがされています。この手書き戸籍からコンピュータ化戸籍への書き換えが直近の改製です。コンピュータ化された戸籍を見ると、「平成6年法務省令第51号附則第2条第1項による改製」との記載があります。ただ、平成6年に全国一斉にコンピュータ入力に変わったわけではなく、各自治体によってコンピュータ入力された時期は異なります。未だコンピュータ入力されておらず手書き戸籍のままの自治体もあります。

 

2つ目は、平成6年法務省令によりコンピュータ入力される前の手書きの戸籍です。この戸籍は夫婦を単位として夫婦とその子の記載がされています。子は結婚すれば配偶者とともに新しい戸籍を作成することになるので親の戸籍からは除籍されます。この戸籍は昭和22年の民法改正で家制度が廃止されたことに伴い昭和23年に新しい戸籍法が施行され、それによって改製されたもので実際の戸籍の改製は昭和32年以降にされています。大きな変更点は従来の家単位の戸籍から夫婦単位の戸籍となったことです。

 

3つ目は、昭和32年以降の改製前の家単位の戸籍です。この戸籍は戸主を中心とした家単位での記載であったため、ひとつの戸籍に記載されている人数が多いのが特徴です。家単位の戸籍は明治や大正で形式がいくつかありますがここではややこしくなるので説明を省きます。

 

以上が戸籍の種類の説明です。

簡単に説明すると、戸籍は①コンピュータ化されたもの②コンピュータ化前の夫婦単位の手書きのもの③手書きの家単位のもの、の3種類があります。

また、改製後の戸籍には改製前に除籍された人は記載されません。

したがって相続関係を把握し、相続人を確定させるために被相続人の出生から死亡までの全ての期間の戸籍謄本が必要となるのです。

 

次回は全ての期間の戸籍の集め方について説明します。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です